FC2ブログ

「走ることについて語るときに僕の語ること」を読んで

村上春樹氏のエッセイ集はランナーのバイブルか?

小説家村上春樹さんにとって走るということは?
村上春樹さんといえば
毎年ノーベル文学賞の最有力候補に名前が挙がる
世界的人気作家ですが
市民ランナーとしても
フルマラソンを3時間30分前後で走る実力者です。
走る世界を小説家はどのように表現するのか…?

1912191233-0001.jpg


マラソンや駅伝が題材の小説や
ラニングハウツー本はよく読みます。
こちらは2007年10月に刊行されました。

もし僕の墓碑銘なんてものがあるとしたら、[少なくとも最後まで歩かなかった]と刻んでもらいたい
―――1982年の秋、専業作家としての生活を開始したとき路上を走り始め、以来、今にいたるまで世界各地でフル・マラソンやトライアスロン・レースを走り続けてきた。村上春樹が「走る小説家」として自分自身について真正面から綴る。

-裏表紙-


当時話題になっていましたが
何で今頃…?

それは
まだ私が村上春樹さんの境地に達していなかった?

人間の体というか筋肉は
結構我慢強く
少しずつ負荷を上げていくと
文句も言わずしっかりとついてきてくれて
限界値を越えて行ってくれます。
「努力は裏切らない。走った距離もそうですけど」
とはアテネオリンピック金メダリスト野口みずきさんの言葉ですが
走った距離に応じた結果が出る。
それがマラソンの魅力です。

第一章で彼は
四十代後半にランナーとしてのピークがやってきたそうです。
それまではフル・マラソンを3時間30分前後で走り切っていたのが
同じように練習をしていても
4時間切りが困難になってきたそうです。

私も同じ状況になり
肉体的に衰えてきた現実にショックを受けました。
そしてタイムは一歩また一歩と後退しています。
走っても走っても記録は落ちていく…

彼はそうなってから何を思い走っているのだろう…?

ちなみに私の周辺で記録が出なかった人は
1 すっぱり走るのをやめる
2 もっと長い距離に活路をみいだす
3 トライアスロンに挑戦する
4 仮装して出場する
5 健康ランニングと割り切る

村上さんは100kmなどのウルトラマラソンや
トライアスロンを始められたそうです。

この本の中には
かなり同意できる名言がちりばめられています。
マラソン大会に出ない方や
ランニングを趣味にしていない方には
あまり興味がわかないかもしれませんが
わかるわかる!
あるある!


名言の一部を引用させてもらうと

昨日の自分をわずかにでも乗り越えていくこと、それがより重要なのだ。長距離走において勝つべき相手がいるとすれば、それは過去の自分自身なのだから。


そうなのですよね。
我々市民ランナーの勝つべき相手は自分自身なのですよね。
悔しい思いをしてもそれは自分自身の責任です。
記録が落ちてきた今
目標とする自分とは…?
それは
ひ・み・つ

ただその目標を達成するには
走り続けないといけません。

村上さんの通っているジムの貼紙
筋肉はつきにくく、落ち易い。
贅肉はつき易く、落ちにくい。
まさにその通りだから!
手を抜くと筋肉は
「何だ。この程度で良いのか!」と
すぐに怠けてしまうから。

忙しいからといって手を抜いたり、やめたりするわけにはいかない。もし忙しいからというだけで走るのをやめたら、間違いなく一生走れなくなってしまう。走り続けるための理由はほんの少ししかないけれど、走るのをやめるための理由なら大型トラックいっぱいぶんはあるからだ。



ということで
これからも時折読み返して
走り続けるのでしょうね。


記録では村上さんに負けていないのですが
墓碑銘に
[少なくとも最後まで歩かなかった]
と刻んでもらいたい村上さん。
私もフルマラソンは全て完走しているのですが
一度だけ歩いてしまったことがあるのが残念!

走ることについて語るときに僕の語ること
村上春樹 著
文春文庫 520円+税

2020-01-24 19:30 : 読書 : コメント : 6 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんばんは~
村上春樹 ノーベル文学賞を取れるか
って毎年のように話題になりますが
どぉも彼の良さがわからずの私なので
村上春樹が 市民ランナーなことも
それに関するエッセーがあることも
知りませんでした!

偶々 今日 ある病院の院長先生が
某バスケットの選手についてを綴っている
記事を読んで その先生が 選手は
朝早くから ただひたすら練習を重ね
自分が強くなること 技を高めていることに
ひたむきだけど 昨今の働き方改革に照らすと
その選手の練習は 確実にブラックと判断
されるけど 労働者はブラックとなり
アスリートはならない その線引きはなんなのか
みたいな事が書いてあったんです・・・
なんかその記事と春樹氏のエッセーが
リンクしそうな感じですね・・・
2020-01-24 23:58 : おとめ URL : 編集
No title
こんばんは

村上春樹のエッセイですか。
私も、毎日ではないですが、走ってます。
ちょっとだけですけど。
2020-01-25 00:41 : トトパパ URL : 編集
No title
村上春樹さんもマラソンをされるのに
驚きました。
torさんもフルマラソンを全て完走されて
おられるのですね!
全く走れない私は驚くとともに
羨ましくもあります。
2020-01-25 08:40 : ポジティブオーラ URL : 編集
No title
おとめ様
コメントありがとうございます。
学生の頃は長距離走大嫌いでした。

勉強もそうなのでしょうが
強制されるのと
自分が興味を持って自主的に
取り組むのとでは
まったく違いますね。
苦にならないです。
そして結果がついてくる。
今は結果がついてこないですが・・・

働き方改革
仕事が好きでって人もいて
勤務時間も気にならない
手当も不要って・・・
そんな人が上司なら嫌ですね(笑)
2020-01-25 19:42 : tor URL : 編集
No title
トトパパ様
継続することが大事だと思います。
前も書いたことがありますが
市民大会に出場してみると楽しいですよ。
2020-01-25 19:48 : tor URL : 編集
No title
ポジティブオーラ様
私は職場の駅伝メンバーに誘われたのがきっかけです。
翌年の大会へ向けてジョギングを続け
市民マラソンに出場して・・・
フルマラソンまで走るようになりました。
熊本地震の後
1年間走らなかったのと年齢的にも
すっかりスピードが出なくなり
今は景色を見ながら楽しんでいます。
ブログタイトル変更しないといけないかなと・・・
2020-01-25 19:54 : tor URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

tor

tor
健康のためにジョギングやウォーキングを楽しみ、山に登ったり、
美味しい物を食べたり、
神社や寺院巡りをしています。

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ村

人気ブログランキング

ブログ村読者登録

走る・登る・食べる - にほんブログ村
ブログ村読者登録