FC2ブログ

松島温泉 「龍の足湯」

こんなところに足湯が有ったんだ!

先日紹介の「お食事処 松ちゃん」さん
食事を終えて帰ろうとしたら…

DSCN9157.jpg


何度も近くを通っているのに
知らなかった!

DSCN9152.jpg


天草らしく聖杯に龍の口からお湯が注がれています。
この聖杯は手湯です。

DSCN9147.jpg

DSCN9150.jpg


屋根のある頭側と屋根のない尻尾側と二つの足湯があります。

DSCN9151.jpg


「美人の湯」としても知られる松島温泉はナトリウム塩化物泉です。
肌触りがやわらかく
ちょっとぬるめの湯にゆっくり足を浸して

DSCN9148.jpg

DSCN9146.jpg


青い海と赤色の「松島橋(通称 五号橋)」が美しい港町の風情を眺める。
のんびりとした時を過ごせ
日常の疲れが癒されますね。

DSCN9154.jpg DSCN9149.jpg


天井には池島に伝わる龍の伝説が紹介されていました。

池島の龍伝説
昔、池島にや二つのお大きか池があったって。そして、そん池には雄と雌の龍のそれぞれ住んでいたげな。
話によると、そん池には九十九の穴のあるて言われとったたい。
なしかて言えば、潮んさかりにあちこち、潮のうずまいとっところのあるけんがて。
そして、そん穴の百になれば、百個目ん穴から龍の飛び立って言われよったばってんが、
いままでそれば見た者はおらんて。そして、そん龍が飛び立てば、大雨になるて言われよったらしか。
ある時、いっちょん雨の降らん日の続いたときのあったらしか。
雨の降らんけん作物は育たん、作物の育たんけん食べるもんのなかちゅうことで、村人が長い間、飢餓に苦しんだらしか。
「もう駄目ばい。みーんな死んでしまうばい。」て。口々に言いよった時に、
「池島の龍ば、飛び立たせれば雨の降るて言いよったばってん、ほんなこつだろか。」
て一人もんが言うたら、そばにおった者が「うそだろもん。あら、ただん話たい。」
「ばってん、最後の神頼みぐらいに思うてしてみゅうかい。」「そんなら、どがんやって、すっとや?」などとみんなの話になった。
そして、長老ならわからんどかいてこつで聞くごとした。
そしたら、「そがんいえば、子供ん頃聞いたこつのあるごたる気んする。たしか、池島にゃ[鐘かけ松]て名前の松のあって、
そこで、鐘ばたたけば、何か起こるて言いよったごたった。」て言わしたもんだけん、最初は、うっちゃわんで、馬鹿にしとったもんも
一緒になって鐘ば探して来て、それらしき松も探して、皆で最後の神頼み位に思って鐘ば叩いて雨乞いばしたったい。
そしたら、不思議な事に空の曇りだして、雨の降り出した。
で、あっというまに嵐になった。村人は、うれしゅうして、うれしゅうしてどがんしょんなかった。
嵐のひどうなったけん、急いで鐘ば船につんで帰ろうとして瀬戸の中ほどまで来た時に、高波で船が転覆して鐘は海の中に。
乗っていた村人は命からがら岸までやっとのことで泳ぎつかいたらしか。

-龍の足湯天井文-


熊本弁で書かれていますが意味は分かりますか?

海底にそのままになっていた鐘は
昭和53年1月に天草五橋の五号橋脚下で
航路確認作業中に偶然にも海底より発掘されました。
現在この鐘は松島町合津の向陽寺に保管されています。

DSCN9156.jpg


龍の恩恵があるそうですよ!

DSCN9155.jpg DSCN9153.jpg


龍尾の「龍玉」を願いを込めて握り
龍頭へ行き、手湯に手を浸けた後、龍の顔を触ると
龍が願いを叶えてくれるかも!?

上天草の穴場「龍の足湯」はパワースポット!?

龍の足湯
熊本県上天草市松島町合津7913−11


2020-01-12 19:30 : 温泉 : コメント : 14 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
伝説と雨乞いの事実が鐘の発見で
繋がりましたね!
2020-01-12 20:28 : ポジティブオーラ URL : 編集
No title
こんばんは

龍の足湯ですか。
気持ち良さそうですね。
2020-01-12 21:07 : トトパパ URL : 編集
No title
竜伝説の熊本弁、私は北九州若松から博多に変わりましたが、イントネーションは兎も角意味は全て判るし、使っていた言葉もありますね。鹿児島弁は少し解りづらいですけどね。
2020-01-13 08:27 : エースの城 URL : 編集
こんにちは

私は山口なので、熊本弁はなんとか分かります笑

私の今の状況は色々あるので、割愛しますが…笑笑
旦那の実家が福岡の田川なんですよ。
その時、義理の母がよく
「なしか〜」と言っていたのですが、
意味が分からず、ぽかんとした事を思い出しました。
2020-01-13 11:23 : ぼちぼち URL : 編集
No title
こんにちは!
鐘の発見で 伝説が証明されたんですね!
不思議ですけどすごい!
2020-01-13 16:36 : おとめ URL : 編集
No title
海をながめながらの足湯、そんなゆっくりした
時間を過ごしてみたいなぁ。

足湯って長い時間つかっていられるので好きです。
2020-01-13 18:47 : とと URL : 編集
No title
ポジティブオーラ様
ポンペイの発掘を思い出しますね。
伝説の鐘は
正面に見える橋の下で偶然に見つかったそうです。
昔雨乞いで大雨になったことが
本当にあったのですね。
2020-01-13 20:51 : tor URL : 編集
No title
トトパパ様
足を浸して景色をのんびりと眺める。
良いのですが
さすがにこれからの季節はつらくなりそうです。
暖かい冬でしたが
明日から寒くなりそうです。
2020-01-13 20:54 : tor URL : 編集
No title
エースの城様
さすがですね。
イントネーションは異なりますが
私も博多弁は分かります。
孫は長崎弁を使うのですが
強い印象の熊本弁に比べると優しい感じです。
同じ福岡ですが
博多と北九州でも異なるのですか?
鹿児島弁は分からないですね。
2020-01-13 20:57 : tor URL : 編集
No title
ぼちぼち様
「なしか~」ですか(笑)
熊本で道を尋ねると
「ぎゃん行って、ぎゃん行って、ぎゃん!」
これじゃ分からないでしょ?
NHK大河ドラマ「いだてん」で
金栗さん(中村勘九郎さん)が言ってました。
全国区になった!?(笑)
2020-01-13 21:04 : tor URL : 編集
No title
おとめ様
伝説として伝わっていたことは
本当にあったのですね。
龍が空に昇り雲を呼び
大雨を降らせたかは置いといて・・・
2020-01-13 21:08 : tor URL : 編集
No title
とと様
今年は暖冬のようですが
富山はいかがですか?
暖かいと
足を浸してのんびりと海を眺めるのは最高です。
こちらは明日から寒くなるそうです。
2020-01-13 21:10 : tor URL : 編集
No title
海底から本当に鐘が見つかったという嘘のような不思議な話ですね。
手湯・足湯の白龍は可愛らしいですね。
これは頭と尾が繋がっている設定なんでしょうか?
伝説の解読は苦労しましたが、何だかよく聞くような言葉ですね。(こんなに長くはないですが)
torさんこれしゃべれます?
ときどき、熊本弁をピンポイントで使って記事にするのも楽しそうですね。
2020-01-14 22:50 : わけい URL : 編集
No title
わけい様
伝説は本当だったということなのでしょうね。
方言と言えば
埼玉では「~だんべえ」ってよく聞きました。
熊本では「~たい」でしょうか。
2020-01-15 21:15 : tor URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

tor

tor
健康のためにジョギングやウォーキングを楽しみ、山に登ったり、
美味しい物を食べたり、
神社や寺院巡りをしています。

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ村

人気ブログランキング