FC2ブログ

雲仙市 「温泉神社」

温泉の神さま?

創建は701年(大宝元年)。
以前紹介の「雲仙山満明寺」の守護神として四面宮を祭っており
古くから島原半島一帯の祈願所として知られていた「温泉神社」の総本山です。
雲仙岳を霊山として信仰し
以前紹介の諫早神社もこちらから勧進されました。
島原半島内には温泉神社を称する神社が十数社あります。
今も地元では「おしめんさん」と呼はれています。

雲仙はもともと「温泉」と書いて「うんぜん」と呼ばれていたそうです。
したがって「温泉神社」は「うんぜんじんじゃ」と読みます。

昨日紹介の「満明寺」とは道路を隔てて向かい合っています。
昔はこの辺り一帯が境内だったのでしょうね。

DSCN7744.jpg

DSCN7745.jpg DSCN7746.jpg


社号標は「温泉神社」
鳥居の扁額は「國魂神社」
これは
神仏分離令を受け四面宮を国魂神社とし分離したからです。
国魂とは、国土そのものを神格化 したものらしいので
四面宮は九州総守護の神々(四柱)
白日別命:筑紫国 、豊日別命:豊国 、豊久土比泥別命:肥国 、建日別命:熊曾国
をお祀りしていたからでしょうね。
今は九州ですが誕生した際は筑紫島であり四つの国だったのですね。
それが筑前国、筑後国、肥前国、肥後国、豊前国、豊後国、・日向国、・大隅国、薩摩国の九国に。
九州ですね。

大正三年に国魂神社から温泉神社と改名されました。
温泉と書いて「うんぜん」と読んでいたのですが
昭和九年に国立公園として指定されたとき
温泉温泉と書くのは紛らわしいので
雲仙と改められたそうです。

DSCN7747.jpg


二の鳥居

DSCN7748.jpg DSCN7749.jpg


三の鳥居から扁額は「温泉神社」です。

DSCN7752.jpg

DSCN7754.jpg DSCN7756.jpg
DSCN7755.jpg DSCN7757.jpg


二段に上下に並ぶ狛犬
下の段は吽形はデフォルメした肥前狛犬風
阿形は上段の狛犬にじゃれつく子狛犬風
この一対は別のところにそれぞれ有ったのでは…?

DSCN7751.jpg

DSCN7759.jpg


ご祭神
白日別命
豊日別命
豊久土比泥別命
建日別命
速日別命
白日別命、豊日別命、豊久土比泥別命、建日別命の4柱は
筑紫島(現九州島)4箇国(筑紫、豊、肥、熊曽国)の別名とされる(古事記)
そこからかっては「四面宮」とも称されていました。
元寇の際にては元陣に一身四面の勇士が現れ
「吾は肥前国温泉社なり」と称したと伝えられています。
江戸時代には島原藩の祈願所とされ
歴代藩主の崇敬を受けたそうです。
温泉の神さまてはなく九州の守護神でした!

DSCN7758.jpg DSCN7760.jpg

DSCN7761.jpg


神仏習合の名残でしょうか?

境内には知る人ぞ知るパワースポットがあります。

DSCN7753.jpg


夫婦柿
夫婦杉とか夫婦岩はよくありますが
柿ですよ!

DSCN7764.jpg

DSCN7762.jpg


樹齢は200年を超える柿の木
開運招福、心願成就、子宝授与、事業繁栄にご利益があるとされています。

DSCN7765.jpg


お願いをするには作法があります。
その作法とは

柿の木見上げ 口で唱えながら 両手を下から上にあげ
ご神威をいただく 続いて榊で御神水をあびる


というのが一連の流れです。
私は参拝の際は、御神木に触れてパワーをいただくのですが…
こちらは「老木につき柿の木には触れないで御祈願下さい」とのことでした。
ひっそりと寄り添うように立つ大きな柿の木。
パワーというか、不思議な力を感じます。
長年連れ添っているだけに
ご利益もありそうです。
※ 柿の葉が青々しています。 唐津シリーズが長引いてやっと紹介となりました。

おやっ?

DSCN7766.jpg


さらに奥に
家内安全、強運祈願のパワースポットがあるようです。

DSCN7767.jpg


奥之院です。

DSCN7768.jpg


社殿の水淵を左手より 願いを唱えながら三回廻り祈願する


そうです。

見落としそうですが

DSCN7770.jpg DSCN7771.jpg


庭園の隅にも長寿にご利益のある亀石がありましたよ。

DSCN7773.jpg DSCN7772.jpg


こちらの社務所では
普賢岳山頂に祀られる「普賢神社」と
妙見岳山頂に祀らる「妙見神社」の御朱印もいただけるようです。

DSCN7775.jpg


境内の片隅に「地獄谷めぐり」の案内板
神社から地獄へ?

矢印の方向へ進むと

DSCN7776.jpg


裏参道

鳥居を抜けて振り返ると

DSCN7777.jpg DSCN7778.jpg
DSCN7779.jpg DSCN7780.jpg



パワーをもらい
これから地獄へと進むのか?
試練が待っていたりして…

つづく

温泉神社
長崎県雲仙市小浜町雲仙319


2019-11-22 19:30 : 神社 : コメント : 10 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんばんは

雲仙は温泉と書いてたんですか。
知りませんでした。
歴史を物語る神社なんですね。
2019-11-23 00:14 : トトパパ URL : 編集
No title
見どころの多い神社ですね。
柿の木のパワーをいただく作法が
決められているのが面白い!
2019-11-23 07:11 : ポジティブオーラ URL : 編集
No title
トトパパ様
雲仙温泉は「温泉温泉」だったって面白いですね。
「温泉神社」は温泉に関する神様を
祀っているのかと思いました。
今回は諫早神社に先にお詣りしていたので
知った上でのお詣りでしたが。
今までは温泉の神様だと思っていました。
2019-11-23 11:28 : tor URL : 編集
No title
ポジティブオーラ様
九州の守護神ですね。
「温泉神社」は島原に十数社あって
さすが温泉地だなあと以前は思っていました。
この柿の木はパワースポットとして人気のようです。
2019-11-23 11:33 : tor URL : 編集
No title
温泉と書いて うんぜんと読むのですか

パワースポット&地獄めぐり
ご利益がありそうですね!
2019-11-25 12:39 : おとめ URL : 編集
No title
おとめ様
この柿の木はすごくご利益があるそうです。

作法通りやると参拝者も多くて恥ずかしいです。
九州の守り神様です。
2019-11-25 19:58 : tor URL : 編集
No title
 肥前狛犬に似た狛犬は可愛いと思います。最後の狛犬はアニメのキャラ風ですね。個性的です。
 鳥居の扁額に書かれている神社名、鳥居の建てられた時のままなんですね。それも時代を象徴したエピソードが隠されている面白さだと思いました。
2019-11-26 19:14 : 藍上雄 URL : 編集
No title
藍上雄様
肥前狛犬と対になっている狛犬。
たぶんこの二体は
別に本来の相方さんがいたのでしょうね。
長い歴史の中ではぐれてしまったのでしょう。
あっしゃるとおり
あちこちに長い歴史を感じる遺物がありますね。
2019-11-26 20:20 : tor URL : 編集
No title
確かに温泉温泉では紛らわしいですねえ。。しかしうまい名前をつけたもんですねえ^^鳥居の柱が太いんですねえ@@

柿の木が御神木とは珍しいですねえ^^二本より添って立つのも珍しいですが、200年の樹齢というのも凄いですねえ^^
2020-02-09 10:33 : つとつと URL : 編集
No title
つとつと様
こちらが島原半島に多い温泉神社の総本山です。
神仏習合で「雲仙山満明寺」の
守護神として祀られていたそうです。
いわれを知ると面白いですね。
ありがとうございました。
2020-02-09 18:55 : tor URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

tor

tor
健康のためにジョギングやウォーキングを楽しみ、山に登ったり、
美味しい物を食べたり、
神社や寺院巡りをしています。

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ村

人気ブログランキング

ブログ村読者登録

走る・登る・食べる - にほんブログ村
ブログ村読者登録