FC2ブログ

霧立越 1/2

ゴボウ畑登山口~白岩山( 1,620m)~扇山山小屋

2017年11月12日 晴れ

霧立越とは?
九州脊梁山地、向坂山(1,684m)から扇山(1,661m)まで
尾根伝いを南北に続く古道です。

久々の登山は
紅葉が残っていればと…
早朝に
宮崎県五ヶ瀬町にある日本最南端のスキー場
「五ヶ瀬ハイランドスキー場」近くの
ゴボウ畑登山口を5時45分出発。
車の温度計1℃。

ゴボウ畑?
どこにもゴボウ畑らしきものはありません。
かって、ここにはオタカラコウの大群落があったそうです。
オタカラコウの葉は
遠くから見るとゴボウの葉に似ていたことからの地名だそうです。

暗い中、ヘッデンの明かりを頼りに
15分で日肥峠に到着。

画像


この道は
かっては、「駄賃付け」の道でした。
日向往還の宿場町であった熊本県馬見原。
荷を運ぶ馬を多く見ることができることからの地名です。
馬見原から宮崎県椎葉まで
馬の背に物資をのせて運んでいました。
昭和初期まで使われていたようです。
登山届箱にその絵が描かれています。

画像


東の空が赤くなってきました。

6時20分 白岩山山頂

画像


空には

画像


山頂で待つこと20分。

画像


6時40分日の出。

画像


朝日に照らされた斜面を
ロープにつかまったりしながら
山頂から下ります。

「駄賃付け」の道と合流。
ここから先は尾根道が続きます。

画像


画像


馬の背で酒樽を運ぶと椎葉に着いた時
酒が薄くなったり、中身が減ったりしていることがあったそうです。
これは、狸が駄賃付けを化かして水を入れたり、
中身を抜き取ったりしたに違いないと言われていたそうです。

登山届箱には化かそうとしている狸も描かれてましたね。

駄賃付けの人
飲んだな!?

画像


そして
飲み過ぎた時は、この水場で水を補給{%!?webry%}
役得というか運んでくれるので
狸のせいにして大目にみていたのでしょうね。

画像


雲の上に
ちょこっと韓国岳山頂が見えています。

ここから
少しだけ紅葉が

画像


画像


画像


画像


画像


ちょっと時期的に遅かったようです。

見晴らしの岩へ寄道。

画像


画像


画像


ルートに戻って

画像


落葉の道を進み

7時55分 ほぼ中間点

画像


馬つなぎ場。

駄賃付けの馬も休憩した場所で

画像


休憩。

画像


木が生えていますが
かっては広場だったような感じです。
草も生えていて
馬も人も一休みしていたのでしょうね。

画像


画像


画像


立派なブナの木が増えてきました。

画像


平家ブナは大木だったと思うのですが・・・

画像


倒れている
この木{%!?webry%}
もっと幹は太かったのかもしれませんね。

画像


霜柱発見!

画像


スギゴケも
さく柄を伸ばして元気いっぱいです。

画像


画像


景色が変わりました。

画像


急に開けたと思ったら
見晴しの丘です。
草原みたいです。

ちょっと休んで・・・

9時30分 山小屋着。

画像


画像


画像


画像


画像


途中ですれ違った5名の方
昨夜はこちらに宿泊されたそうです。

画像


水場も有ります。

画像


眺めもよいですね。

画像


画像


右方向へ下ると椎葉へ。
「駄賃付け」の道のゴールです。

さあ我々は
扇山山頂へ。


2017-11-13 17:37 : : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tor

tor
健康のためにジョギングやウォーキングを楽しみ、山に登ったり、
美味しい物を食べたり、
神社や寺院巡りをしています。

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ村

人気ブログランキング

ブログ村読者登録

走る・登る・食べる - にほんブログ村
ブログ村読者登録