fc2ブログ

御馬下の角小屋の記念館

入館して分かったことは?

御馬下の角小屋」を見学しました。
江戸時代の商家であり
参勤交代時に
大名細川氏、島津氏の休憩所でもある
貴重な日本古来の木造建築でした。

P1090936.jpg P1090921.jpg


こちらは「御馬下の角小屋」の入口です。
そして右手の

P1090922.jpg


こちらの建物が「記念館」です。
「角小屋」内部に資料が無いと思っていたら
こちらに展示されていました。

P1090923.jpg


熊本市の「記念館の相関図」です。
訪問済みの記念館もありますが
こうした関係を頭に回るのも面白そうです。

P1090924.jpg P1090925.jpg


豊前街道の熊本県内図と
参勤交代の道すじ
長い道のりですね。
ここを大行列が進んだのですね。
この制度では大名の財政負担も増え
幕府へ反抗する力も失せるでしょうね。
半面、街道の整備など
経済効果もあったと思われます。

P1090926.jpg


これは肥後の主要街道ですね。
細川さんは豊後街道を使い
海路で瀬戸内海を進むコースを
参勤交代に使うことが多かったようです。

P1090929.jpg


こちらの駕籠を
使われたのでしょうか?

P1090885.jpg


これは
角小屋に展示されていた駕籠です。

P1090931.jpg P1090930.jpg


違いは歴然ですね。

P1090928.jpg


これは通行証「往来手形」ですね。
現代のパスポートのような
本人証明だけでなく
旅先での宿の世話や
旅先で病死した場合の
取り計らいまで書かれています。

P1090927.jpg


これは
「伊勢道中船中所々名所附け」です。
堀内家5代当主が伊勢神宮へ
お参りした際の道中記です。
九代当主弾蔵が細川護美の共をして
京都へ赴いた際の「見聞記」もあり
堀内家の江戸時代から昭和に至るまでの古文書や
当時の人々の暮らしぶりを伝える道具類などの
貴重な資料が展示されています。

P1090934.jpg


これは堀内家系略図です。
豊秋さんの名前がありますね。

P1090933.jpg


海軍体操の創始者として知られ
日本最初の落下傘部隊の
隊長・指揮官である
堀内豊秋海軍大佐の生家なのですね。
その関係資料等も展示されています。
理不尽な戦争裁判で
汚名をきせられて処刑されています。
堀内大佐が指揮した
日本初の落下傘降下作戦で
逃げ命乞いをして捕虜となった
オランダ軍のティウオン大佐が
裁判官なのですから…
享年47とのことです。
その方のご生家がここに。
知りませんでした。

いろいろと発見のあった
「御馬下の角小屋」でした。

御馬下の角小屋
熊本市北区四方寄町1274
TEL  096-245-2963
営業 9:30~16:30
休み 月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
 

2024-03-24 19:30 : 美術館・科学館・工芸館 : コメント : 12 :
コメントの投稿
非公開コメント

こんばんは~

堀内様が松江由来とは縁があるようで
嬉しく思います。

参勤交代は往来される諸藩の方々も大変ですが
そこを幾つ者藩が通る山陽や東海の住民も大変ですね。
商売として成り立つ方も多々居られるとは思いますが。
土佐藩の参勤交代は、江戸まで船でひとっ飛びで楽だったりするのでしょうかね?
2024-03-24 21:41 : 六男 URL : 編集
No title
熊本市の記念館、いくつもあるのですね♫
地域の歴史が学べるということで、学校の社会科見学にも最適だと思いました。

貴重な資料も保存されていて、当時のことを知ることができますね。
参勤交代の道中は、さぞ過酷だっただろうと思います。

2024-03-25 05:26 : utokyo318 URL : 編集
おはようございます
肥後の四大街道を初めて知りましたが、熊本は参勤交代の通り道で、
九州の中で 交通や産業の要衝だったとこが分かります。

堀内豊秋大佐は高潔な人物で、占領下の住民から慕われたそうですね。
そんな指揮官ばかりなら、インドネシア戦線の汚名は無かったかもしれません。
2024-03-25 05:55 : TD URL : 編集
No title
熊本は歴史的名所が多く、これを大事にされていることに感心します。

それにしても熊本からお伊勢参りですか~壮大な長旅ですが、往復の所要期間に興味があります。
2024-03-25 06:12 : Run太郎 URL : 編集
No title
こんにちは。

江戸時代の商家が記念館として公開されているのですね。
立派な駕籠ですね。これに人が乗って担ぐとなると結構な重さになりますね。担ぐ人は大変だっただろうなんて思いました(^^;
2024-03-25 17:10 : narayama2008 URL : 編集
六男様
参勤交代は大変だったでしょうね。
瀬戸内海は穏やかでしょうから
瀬戸内海沿岸の藩は利用していたでしょうね。
ただ海路を使っての参勤交代は
幕府の許可が必要だったらしいです。
土佐藩は江戸まで船で行ったのですかね…?
堀内は松江からやって来られて
成功されたのも凄いですね。
小泉八雲さんも松江から
熊本へ赴任されてますよね。
2024-03-25 18:05 : tor URL : 編集
utokyo318様
参勤交代は大変だったでしょうね。
遠い伊勢神宮まで
庶民はお詣りもされていたようで
今の観光旅行みたいですが
それも大変だったでしょうね。
熊本市内の記念館全制覇したいと思っています。
歴史好きですから
郷土の歴史を知るには最適です。
2024-03-25 18:09 : tor URL : 編集
TD様
肥後国は九州の要衝って感じですが
参勤交代で江戸までの長旅は
薩摩藩同様大変だったでしょうね。
瀬戸内海を行く船旅を多用したのも分かりますね。
堀内豊秋大佐はこの記念館で初めて知りました。
勝った方が行う裁判
何とも…
2024-03-25 18:33 : tor URL : 編集
Run太郎様
私も伊勢神宮にはお詣りしたいです。
こちらの神社を参拝すると
伊勢神宮詣で記念の灯篭や
鳥居が奉納されたりしています。
伊勢講が行われていたようですね。
皆で旅費を積み立てて参拝されていたようです。
今の観光旅行のようですが
「往来手形」には
旅先で病死した場合の取り計らいまで
書かれているということは
旅先で亡くなられることもあったのでしょうね。
そうまでして参拝したい伊勢神宮。
私も
ぜひお詣りしたいです。
2024-03-25 18:40 : tor URL : 編集
narayama2008様
この駕籠を担ぐのは大変でしょうね。
乗り心地はどうなのでしょうね。
快適ではないような気もしますが・・・
2024-03-25 18:45 : tor URL : 編集
No title
土塀や資料が 震災の中
良く残りましたね
2024-03-27 23:20 : おとめ URL : 編集
おとめ様
こちらは熊本市内でも北側で
震源から離れているので
そこまで被害はなかったのではと思います。
動いた断層と離れていると違うものなのですね。
無事で良かったです。
被害は東側が大きかったです。
近くの資料館もやっと復興したので
行きたいと思っています。
2024-03-28 18:04 : tor URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

tor

tor
健康のためにジョギングやウォーキングを楽しみ、山に登ったり、
美味しい物を食べたり、
神社や寺院巡りをしています。

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ村

人気ブログランキング

ブログ村読者登録

走る・登る・食べる - にほんブログ村
ブログ村読者登録

最新記事 (サムネイル付)

自宅で育つ「茂木びわ」 May 19, 2024
リョーユーパンさんの懐かしい「シャーベット バナナ」が May 18, 2024
「かわ専」さん May 17, 2024
「レモンと殺人鬼」を読んで May 16, 2024
山芳製菓さん「エガちゃんねる黒胡麻チーズ味ポテトチップス」 May 15, 2024

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村