fc2ブログ

竹田市歴史文化館・由学館

岡城や城下町のことを知るなら

今回の目的地の一つ。
先に城下町竹田市をブラブラと
城下町の一部を歩いてきたのですが…
やってきました♪
城下町の通りにそってたつ建物。

P1080009.jpg P1080010.jpg


竹田というわけではないのでしょうが
外壁は竹材で飾られています。
ここは

P1080011.jpg P1080012.jpg

P1080013.jpg P1080014.jpg


「竹田市歴史文化館・由学館」です。
長屋門をイメージしたこの建物。
新国立競技場の建築でも知られる
隈研吾氏の設計です。
館内は「岡城ガイダンスセンター」と
「特別展示室ちくでん館」
「市民ギャラリー」
の3つのエリアに分かれています。

P1080015.jpg


館内も隈研吾氏らしく
この建築を見るだけでも価値ありです。
ここ「岡城ガイダンスセンター」は
難攻不落の岡城の事を知ることができます。
お城マニアの私ですから
岡城跡には数回登城していますが
なるほどと再認識です。

P1080025.jpg


800分の1スケールの
岡城跡のジオラマ。
「豊後岡城物語」が上映されていて
じつに分かりやすいです。

P1080026.jpg


そして国重要文化財に指定されている
岡藩に伝わる謎のキリシタン遺物
「サンチャゴの鐘」の実物が展示がされています。
嬉しいことに
この「サンチャゴの鐘」と上映作品を除けば
撮影可能なのですよ。

P1080024.jpg


このお城
さぁ

P1080030.jpg


「豊後岡城物語」の始まりです。

P1080016.jpg P1080023.jpg


歴代城主と中川家の旗。
岡城は以前豊後大野市「二宮八幡社」
紹介した際に登場した
緒方三郎惟栄が
源頼朝に追われた義経を迎えるために
築いた砦がはじまりと伝えられています。
大友氏の家臣志賀親次が城主の時に
勇猛な島津の大軍に攻められるも
持ちこたえて「難攻不落の堅城」といわれました。
ただ籠城戦は
救援部隊が来ないことにはジリ貧ですから
島津軍がじっくりと
秀吉流の兵糧攻めをしていたら…?

その後明治維新まで中川家が城主でした。

城巡りの楽しみは

P1080017.jpg P1080018.jpg

P1080019.jpg P1080020.jpg


「縄張」に注目すること。
守りをどうかためているか
攻めるにはどうするか…?
それがパネルで示されています。
嬉しいですね~♪
籠城ですから水の心配は…

P1080021.jpg P1080022.jpg


大丈夫!
井戸も10か所用意されています。
城には中川家の旗が
なびいていたでしょうね。

「難攻不落の堅城」を構成するのは
断崖絶壁の地に高くそびえたつ石垣です。
その石垣を見るのも楽しみですが
「岡城の石垣」って小冊子が置かれていて
自由に持ち帰れるのですよ。
嬉しいですね♪
それを片手に再度登城したくなりました。
道の駅「すごう」さん
「コーンクリームソフト」を食べた時は
雲で見えなかった久住連山が
岡城跡から良く見えるのですよね。
ハイ!ここへのヒントでした。
(分からないですよね笑)
何度も登っていますが

DSC02596.jpg


久住連山のひとつ大船山(1,786m)。
この写真は登山の際に山頂から撮影の
山頂直下の「御池」と呼ばれる小さな火口湖です。
紅葉やミヤマキリシマの時期は
良いのですよね。
大船山をこよなく愛した
岡藩三代藩主中川久清公。

P1080027.jpg P1080029.jpg


何度も登られていたそうです。
隠居後は自らを「入山」と称したそうです。

私たちの登山の際に
「すごいお殿様だなぁ」と
感心していたのですが…
「馬では無理だし、かごかなぁ…?」
と登山仲間と話しながら登っていました。
これかぁ~!

P1080028.jpg P1080031.jpg


何と…
さすが!
お殿様の登山でした。
中川久清公は足が
不自由だったという説もあり
「郷中ノ百姓共ノ内壮年ニテ丈夫ナル者」に
背負わせていたそうです。
その際に使われたのが
この「人馬鞍」です。
墓所は大船山に設けよという遺言で


こちらが
大船山の標高1400m付近にある
中川久清公墓所です。
ここまで登るのも大変でしたから
子孫の方の墓参りも大変でしょうね。
ここからは岡藩領が一望でき
今も領内を見守っておられるのでしょうね。

いやいや長年の謎も解け
岡城についても再認識できて良かったです。
何といってもこれだけの展示が
無料というのも嬉しいです♪
とても良い旅の締めくくりでした。

竹田市歴史文化館・由学館
大分県竹田市大字竹田2083
TEL  0974-63-2200
開館 9:00~17:00
休み 木曜日(祝日又は振替休日にあたる場合は翌平日)
年末年始(12月28日~1月3日)
 

2023-09-13 19:30 : 美術館・科学館・工芸館 : コメント : 12 :
コメントの投稿
非公開コメント

こんばんは~

なるほど隅さんのデザインされた
建物のようで、やはり貫禄のような
雰囲気がありますねー

岡城、存じ上げませんでしたが
今回の記事を拝見させて頂き
面白い所ですね。
中川家も知りませんでした。
大分だと、官兵衛のイメージで
中津城の印象が強いです。

それにしても、この展示が無料とは
観光協会も頑張っておられますねー
2023-09-13 22:32 : 六男 URL : 編集
No title
竹で覆われた外観、目を引きますね♫
無料で拝見できるとは、うれしい限りです。

「竹田市城下町交流プラザ」も隈研吾さんが手掛けられたようで、やはり竹がふんだんに使われていますが、こちらも、竹工芸が盛んな地域ならではの建築だなと思いました。
2023-09-14 05:24 : utokyo318 URL : 編集
おはようございます
竹田市歴史文化館・由学館を、存分に楽しまれたようですね。
800分の1スケールの岡城跡のジオラマは、よく出来ているようで、
一緒に「豊後岡城物語」が上映されていて分かりやすそうです。

そして、大船山をこよなく愛した岡藩三代藩主中川久清公の墓所は、
大船山の標高1400m付近にあるのですか。墓参りが大変ですね。
2023-09-14 07:17 : TD URL : 編集
No title
見どころ満載の建物でしたね。
歴史を伝えていく
こう言ったものは大切に残していきたいですね。
コーンソフトおいしそうですね!
先日、買った「とうもろこしアイス」美味しかったですよ。
2023-09-14 12:46 : さくら URL : 編集
No title
こんにちは。

竹田市の歴史文化館、特徴的な建物ですね。
隈研吾氏の設計、新国立競技場を設計された方ですね。
外壁は竹材、竹田市にマッチしたデザインだと思いました。
館内は無料で見学できるのですか、それも有難いですね(^^)
2023-09-14 17:32 : narayama2008 URL : 編集
六男様
岡城は薩摩島津軍の猛攻にも耐えた
「難攻不落」の堅城です。
数回登城していますので
今回は行きませんでした。
「荒城の月」のモデルになったとの説も。

こちらの施設は無料で
撮影も可能なのが嬉しいです。
登山のときに話題になっていた
謎も解消しました。
2023-09-14 19:13 : tor URL : 編集
utokyo318様
建物も素敵だと思ったら
予想通り隈研吾さんでした。
建物も楽しめ無料の上に
資料も充実していて撮影可も嬉しかったです。
「竹田市城下町交流プラザ」
チェックされました?
横は歩いたのですよね。
ここで観光マップをゲットして
次回は名所歩きしてみようかなと…
2023-09-14 19:17 : tor URL : 編集
TD様
無料なのに資料は充実していました。
写真撮影もOKなのも珍しいです。
しっかりと楽しめました。
久清公の墓所は登山の際通過しますが
そこまでハードなのですよ。
ホント子孫の方の
お墓参りは大変だと思いました。
2023-09-14 19:21 : tor URL : 編集
さくら様
しっかりと竹田市へのドライブ楽しみました。
最後にこちらだったのですが
また岡城跡へ行きたくなりました。
この時はまだ暑かったのですが
ブログ書いているうちに
朝夕はずいぶんと過ごしやすくなりましたね。
「とうもろこしアイス」どちらの?
まだ昼間はアイスが美味しいですよね。
2023-09-14 19:24 : tor URL : 編集
narayama2008様
この建物
見た瞬間に隈研吾さんかなと思いました。
やはりそうでした。
竹や木をふんだんに使った建物は
一見の価値ありでした。
無料の上に
資料も充実していて
撮影可も嬉しかったです。
2023-09-14 19:26 : tor URL : 編集
No title
こんばんは~
隈研吾さん設計の建物ですか!
味わいがありますねぇ♪
さすがです

2023-09-18 18:48 : おとめ URL : 編集
おとめ様
建物は隈研吾さん設計。
無料なのが信じられない展示物。
建物も展示内容も楽しめて
とても良かったです。
謎も解けて大満足でした。
2023-09-19 18:37 : tor URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

tor

tor
健康のためにジョギングやウォーキングを楽しみ、山に登ったり、
美味しい物を食べたり、
神社や寺院巡りをしています。

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ村

人気ブログランキング

ブログ村読者登録

走る・登る・食べる - にほんブログ村
ブログ村読者登録

最新記事 (サムネイル付)

自宅で育つ「茂木びわ」 May 19, 2024
リョーユーパンさんの懐かしい「シャーベット バナナ」が May 18, 2024
「かわ専」さん May 17, 2024
「レモンと殺人鬼」を読んで May 16, 2024
山芳製菓さん「エガちゃんねる黒胡麻チーズ味ポテトチップス」 May 15, 2024

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村