FC2ブログ

不知火光右衛門ここに眠る

横綱土俵入りの「不知火型」の考案者と言われるが…?大相撲春場所は無観客での開催が決まりましたね。新型コロナウイルスの感染拡大の影響がいるところに出ています。早く終息して欲しいものですね。今回は大相撲の話題を横綱土俵入りの型には「雲龍型」と「不知火型」の2種類があります。それぞれ雲龍久吉と不知火光右衛門が行っていた土俵入りの型を起源としているそうです。その不知火光右衛門はこの地の出身です。 文政8年(...続きを読む
2020-03-05 19:30 : 寺院 : コメント : 14 :

久留米市寺町散策

妙蓮寺、誓行寺、本泰寺「お寺のテーマパーク!」 を歩いてみて気になるお寺を紹介しました。千栄寺徳雲寺遍照院まだまだ紹介したい寺院はありますが妙蓮寺久留米市寺町75TEL 0942-33-7536 七宝山 妙連寺(浄土真宗)御本尊 阿弥陀如来沿革慶長元年(一五九六)毛利秀包代、僧了珍(一書には了雲とも)が久留米元町(城南町祇園社附近)に開基。 その後、元和七年(一六二一)に新町二丁目に移り、更に明暦三年(一六五七)三...続きを読む
2020-02-26 19:30 : 寺院 : コメント : 16 :

久留米市「光明山 遍照院」

寛政の三奇人の一人高山彦九郎をご存知ですか?「奇人」は良し悪しを問わずに変わった性格や行動の持ち主のことらしいです。どのように変わっているか?もしかしたら京都の方はご存知かも…!?京都三条大橋の「土下座像」の方ですよ。彼は現在の群馬県太田市に生まれ太平記を読んで勤皇思想に傾倒するようになりました。京都に入るとこの銅像の姿のように御所の方向に向かって地面にひれ伏し突然号泣したとのことです。足利家の菩...続きを読む
2020-02-25 19:30 : 寺院 : コメント : 8 :

久留米市「円明山 徳雲寺」

久留米絣を考案した井上伝さんが眠っています。ここ寺町は、名前が示すように久留米城の東側の防御のためにお寺が集まっています。まるで「お寺のテーマパーク」のようです。寺町の沿革 元和七年(1621)有馬豊氏は丹波国福知山(京都府)より入国し、久留米城の大拡張を行い、城下町の防衛のため、城下の要衝(寺町、瀬下町・荘島など)に寺院群を配置しました。なかでもこの寺町地区は東の防衛線として最大の規模を持ち、創...続きを読む
2020-02-23 19:30 : 寺院 : コメント : 12 :

久留米市「徳光山 千栄寺」

えっ?教会?城下町を歩くと外縁部に寺院が集まっています。これは外部から敵が侵入した場合に寺院を砦として戦い防御するという城下町の特徴のようです。久留米城下にもその名もズバリ「寺町」があります。現在も17の寺院が残っています。山門から境内を 眺めながら歩くにも良い通りです。久留米市が設置しているお寺の解説パネルを読むと歴史情緒に浸ることもできて好きな場所です。 初めてこの通りをジョギングで通った時に驚...続きを読む
2020-02-22 19:30 : 寺院 : コメント : 18 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

tor

tor
健康のためにジョギングやウォーキングを楽しみ、山に登ったり、
美味しい物を食べたり、
神社や寺院巡りをしています。

アクセスカウンター

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ村

人気ブログランキング