FC2ブログ

泰勝寺跡

今は細川家立田別邸ですが
庭園と墓所は市民に開放されています


紅葉は立田自然公園の紅葉で紹介しましたね。

泰勝寺跡(たいしょうじあと)は、熊本県熊本市中央区黒髪の立田自然公園内にある国指定の史跡。
同地には江戸時代を通じて肥後熊本藩主・細川家の菩提寺であった「龍田山泰勝寺」(りゅうでんさんたいしょうじ)が建っていたが、明治初年の神仏分離令発布後に廃寺となり、同家の別邸に改められた。平成7年(1995年)11月28日、同じく細川家菩提寺であった妙解寺(みょうげじ)跡(熊本市西区・北岡自然公園内)と共に「熊本藩主細川家墓所」(くまもとはんしゅほそかわけぼしょ)の名称で国から史跡に指定された。現在は一般的に「泰勝寺跡」というが、細川家立田別邸が正式名称である。敷地は細川家の屋敷部分、庭園、墓地とに分かれている。
泰勝寺は、小倉藩主・細川忠興(三斎)が父・幽斎の追善のため、慶長11年(1611年)3月に小倉に泰勝院[4]を建立したのがその始まりで、同院は後に熊本藩主・加藤家が改易され、寛永9年(1632年)に細川家が同藩へ転封されるに合わせて、八代城に隠居した三斎により小倉から八代へ移された。
一方、熊本城主になった忠利も、寛永14年(1636年)に立田山の山麓に祖父・幽斎と祖母・麝香の方および母・玉子を祀る寺を建立し、これも泰勝院と命名した。忠利死後、藩主の座を継いだ光尚は京都・妙心寺より大淵玄弘和尚を招いて泰勝院住職とし、正保3年(1646年)には、玉子の隣に三斎の墓を営んだ。光尚はその後、八代の泰勝院を廃すると立田山の泰勝院に併合して「瑞雲山泰勝寺」と改め、さらに綱利の代に山号を「龍田山」に改称した。
なお、忠利以降9代・治年までの藩主は花岡山山麓に建立された妙解寺に葬られたが、10代・斉茲や11代・斉樹、13代・韶邦、最後の藩主・護久は再び泰勝寺に墓が建てられている。
明治初年の神仏分離令に伴い、細川家は菩提寺であった妙解寺と泰勝寺を廃して同家別邸とし、泰勝寺の本堂を神式の祠堂に改めた。したがって以後は細川家立田別邸と称するのが正式であるが、一般には今日でも泰勝寺跡で通っている。昭和30年(1955年)から、熊本市が細川家より庭園部分を借り受け、立田自然公園として一般に開放している。

Wikipedia


DSCN9711.jpg

見取図


この見取り図を頭に入れておきましょう。

DSCN9707.jpg


立派な門ですが
こちらは細川護熙氏の私邸です。

DSCN9714.jpg


細川さんの庭の紅葉も素晴らしいですね。

DSCN9710.jpg


こちらが熊本市が細川家より借り受けた庭園部分の入口になります。
入園料200円。

DSCN9780.jpg

DSCN9779.jpg


周りが紅葉した池には鴨がやってきています。

DSCN9719.jpg

DSCN9718.jpg DSCN9778.jpg
DSCN9777.jpg DSCN9776.jpg
DSCN9721.jpg DSCN9720.jpg


杉木立に囲まれた苔園では多くの種類の苔が見られます。
泰勝寺は古くから肥後の苔寺と言われているそうです。
細川家の古い歴史を見守ってきた苔園です。
苔むした石灯籠や木々も良い感じですね。
天気が良ければ木立のこもれ陽の柔らかい日差しが
苔の緑に映えて美しいと思います。

DSCN9728.jpg DSCN9729.jpg

DSCN9730.jpg

DSCN9737.jpg

DSCN9735.jpg


仰松軒
武人でありながら
茶人としても利休七哲の一人に数えられる細川忠興。
彼の原図に基づき、大正十二年に復元された茶室です。
茶室仰松軒の前庭に苔むした石灯籠と手水鉢があります。
京都で忠興が愛用したもので
手水鉢は豊臣秀吉や千利休も使用したと伝えられている由緒の品だそうです。
歴代の細川藩主は
この石灯籠と手水鉢を参勤交代の道中にも持参して
宿ごとに茶をたてては、その風情を賞でたそうです。
風流を極めた造りの茶室では四季おりおりに茶会が催されています。
 

DSCN9739.jpg DSCN9740.jpg


この先は10代斉茲、11代斉樹、13代韶邦、最後の藩主護久の墓が並んでいます。

DSCN9743.jpg


その前の小道を進むと

DSCN9744.jpg


細川家の裏手に出ます。
裏の板塀の前に有るのは

DSCN9747.jpg


大きな手洗鉢
明治27(1894)年に旧熊本藩士、甘棠会員704人が
泰勝寺に奉納した竹葉石の手洗鉢。
作者は旧宇土藩士の玉仙。
江戸で石細工の修行を積み
明治39年の東京博覧会出品作の一点が宮内省に買い上げられ
残りは細川家に買い上げられたほどの名人だそうです。

DSCN9749.jpg


板塀の向こうは細川家私邸。

DSCN9750.jpg


ここから石段を上った先は

DSCN9769.jpg

DSCN9751.jpg DSCN9745.jpg


四つ御廟

 初代細川藤孝夫妻と、二代細川忠興夫妻の墓を総称して、四つ御廟と呼んでいる。
 初代細川藤孝は歌道に秀で、後陽成天皇の弟智仁親王に古今集の秘伝を伝えた。その古今伝授の間は、大正元年復元されて水前寺成趣園内にある。
 二代細川忠興は武人でありながら、当時茶道にかけては国内随一といわれ、利休の七哲の筆頭に数えられるほどの人であった。その流れが今日の茶道肥後古流である。
 忠興のとなりが玉子(ガラシャ)である。忠興の妻玉子は明智光秀の三女で、洗礼名を「ガラシャ」といった。織田信長の仲立ちで細川忠興に嫁し、幸福な日々を送っていたが、天正十年、父光秀の謀反により、その縁につながる者という理由で、心ならずも別居を余儀なくされ、味土野へ幽閉された。のちに秀吉のはからいによって同居を許された。
 関ヶ原の合戦直前、大坂方では東軍に味方する諸大名の動きを封じるため、妻子を人質にしようと、大坂城内に入るよう要請。ガラシャはあくまでそれを拒み、大坂方の催促の使いのものは幣を引き連れ屋敷内へ押し込む気配さえ見せた。仕えていた女子達すべてに暇を与えて、屋敷からのがし、屋敷に火を放ち、自害。屋敷は猛火につつまれていった。ガラシャ三十八歳。波乱に富んだ生涯であった。

-パンフレット-


DSCN9752.jpg


右から初代細川藤孝夫妻、二代細川忠興夫妻の墓が並んでいます。

DSCN9766.jpg DSCN9765.jpg


初代藤孝公泰勝院御廟             藤孝公室光寿院御廟

DSCN9764.jpg DSCN9762.jpg


二代忠興公松向院御廟             忠興公室秀林院御廟

 寛永九年(一六三二) 肥後五十四万石の領主となって入国した細川忠利は、同十四年に現在地に泰勝院を建立し祖父細川藤孝(幽斉) と祖母光寿院および母秀林院の廟を建立した。泰勝院は藤孝の法名である。忠利は寛永十八年になくなって北岡の妙解寺に葬られたが、正保二年(一六四五) に、その父忠興(三斉) がなくなると、当主の光尚は忠興をその夫人秀林院の廟の隣に葬り、ここに四つの廟が出来上がった。   
 正保三年に光尚は泰勝院を瑞雲山泰勝寺と改称として独立の菩提寺としたが、綱利の頃山号を龍田山と改められた。寺は明治二年の神仏分離によって廃寺となったが、細川家中興の祖である藤孝忠興両夫婦を祀る四つの廟は大切に維持されてきた。しかし第二次大戦後の世情によって手入れが行届かず大破に及んだ。昭和四十八年度大修理を実施して旧に復した。廟はいずれも二間四方の方形造で四隅の鬼瓦はなお古式を伝えており、前面には大正時代に設けらた向拝がついている。中の墓石はいずれも五輪塔形式で、水輪(二段目の球の部分)に比して火輪(笠の部分)が小さく江戸初期の特徴を示している。

-現地案内板-


DSCN9767.jpg DSCN9768.jpg


ところで
ご存知ですよね。
二代細川忠興の妻はガラシャですよ。
2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の明智光秀の三女ですね。

DSCN9763.jpg DSCN9775.jpg


辞世の句
「散りぬべき 時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ」

廟の前には

DSCN9753.jpg


この
まるい手水鉢はガラシャ愛用のものだったそうです。
彼女の美しい顔を水面に映したであろう鉢はひっそり佇んでいました。

更に先に進むと

DSCN9761.jpg DSCN9758.jpg


泰勝寺開祖大渕和尚の墓            泰勝寺第二世春山和尚の墓
春山和尚の隣には

DSCN9756.jpg


宮本武蔵供養塔
春山和尚は武蔵との親交が深く
葬儀の際に武蔵に引導を渡したといわれています。 
ここ泰勝寺跡へ向かう坂の途中に

DSCN9685.jpg DSCN9686.jpg


この石の上に置かれた棺の武蔵に春山和尚が引導を渡したと伝えられています。

四つ御廟の下には

DSCN9772.jpg DSCN9773-1.jpg


細川家私邸の紅葉が見頃のようでした。

肥後細川家の歴史がここに眠っています。

立田自然公園(泰勝寺跡)
熊本市中央区黒髪4-610
096-344-6753
8:30~17:00(入園は16:30まで)
12月29日~12月31日


2019-12-06 19:30 : 寺院 : コメント : 22 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんばんは

細川家の墓所があるんですか。
めっちゃ行きたいなぁ。
この前、バイクで柳生家の墓所に行きましたよ。
2019-12-07 00:10 : トトパパ URL : 編集
No title
細川護熙氏の私邸も含まれているのですね。
細川ガラシャや宮本武蔵などの良く知られた
名前が出てくるとなぜか身近で親しみを
感じました。
2019-12-07 08:06 : ポジティブオーラ URL : 編集
週末
週末に細川亜衣さんが催されるイベントに
愚娘がお菓子を出品します。
2019-12-07 11:03 : のび URL : 編集
こんにちは

すごい行ってみたくなりました。
日本史はあまり得意ではないですが、ガラシャは聞いた事あります。
来年の大河も見てみようかなぁ。
2019-12-07 16:26 : ぼちぼち URL : 編集
No title
熊本には豪邸・名園が多いのに、なぜ埼玉には無いのだろう?って思いました。(今までは全く気にしていませんでした。)
考えてみると、埼玉は昔の武蔵野国で、埼玉と東京であり、ごく一部神奈川が含まれていました。全部で21郡121郷あったらしいのですが、その郡は7割、郷は6割が埼玉であった。ということは主体は埼玉だったけど、心臓は東京の方にあった。江戸城も武蔵野国だったが東京に存在した。
また、埼玉は①幕府直轄領、②旗本知行地、③藩領分で3分割されていた。
(強引ですが)現在風にいうと、1/3が政府直轄地、1/3が官僚管理地、1/3が大臣所有地で3分割されていて、それが入り乱れ、頻繁に転勤があるため、殿様(=大臣)と民衆との結びつきが薄いため、そもそも殿様であるとの意識が薄い。殿様自体も任期が短いため視線が地元より霞が関の方を向いていた。
徳川幕府は、身内には禄が少ないが地位を与え、身内以外には禄を多く地位は低くであったため、埼玉を管理している人は皆、地位はあっても禄が少ない→豪邸・豪園は作れないし、家来も少ない。
これが、現在にも無意識のままに受け継がれ、「埼玉都民」の言葉にあるように、地元と住民との結びつきが薄く、その薄い部分が東京の方に目が行っている。
という感じになるのかなと、思いました。
したがって、細川家一族のような豪邸・名園は、埼玉には残っていないのではなく、最初からなかったのでは、いや、武蔵野国が分割されなければ、現在の東京という地域のあちおちに残っていたとも言えそうです。
2019-12-07 17:16 : わけい URL : 編集
No title
こんばんは。

細川元首相の私邸、さすがに広そうですね。
この公園には細川家代々の当主のお墓があるんですね。
ぜひ、行ってみたくなりました(^^)
2019-12-07 20:36 : narayama2008 URL : 編集
No title
torさん、こんばんは(^-^)
墓所なので 静かで落ち着いていますネ。
ガラシャ夫人の手水鉢 当時を想像してしまいますネ~

マンホール やはり色付きが美しいですネ、ご当地の名所もわかるし・・・
2019-12-07 21:35 : けいちゃん URL : 編集
No title
トトパパ様
柳生家の墓所も気になります。
ガラシャさんは悲劇の女性ですが
息子忠利公により夫婦一緒にまつられて
幸せになったのかも。
2019-12-07 22:18 : tor URL : 編集
No title
ポジティブオーラ様
ポジティブオーラ様のブログにも
武蔵関連の史跡が登場するので親近感があります。
宮本武蔵はここで引導をわたされ
ここから数キロ先に
藩主の参勤交代を見守るように葬られています。
2019-12-07 22:20 : tor URL : 編集
No title
のび様
コメントありがとうございます。
ブログ更新されていないので心配していました。
細川亜衣さんこちらにお住まいなのですよね。
お嬢様のつくられたお菓子に興味があります。
今度買いに行きたいです。
最中で有名なお店ですか?
2019-12-07 22:26 : tor URL : 編集
No title
ぼちぼち様
コメントありがとうございます。
熊本観光では穴場的場所ですよ。
歴史が好きなら訪れると良いかもしれないですね。
静かで落ち着ける場所です。
2019-12-07 22:28 : tor URL : 編集
No title
わけい様
のぼうの城によると行田忍城の
「のぼう様」は民衆に慕われていたらしいです。
まあ小説ですけど。
もっと昔は「さきたま古墳群」があるくらいですから
かなり力のある方が治めていたのでしょうね。
私の歴史好きの原点は「さきたま古墳」です。
2019-12-07 22:33 : tor URL : 編集
No title
narayama2008様
肥後熊本藩主・細川家の菩提寺は
忠利公から9代までは別の場所に有ります。
そちらは北岡自然公園(妙解寺跡)になるのですが
地震以降閉園しています。
こちらには森鴎外の名作「阿部一族」
のモデルとなった阿部弥一右衛門の墓があったりで
歴史や文学に興味のある方にお勧めかもしれないです。
細川さんの別邸は広くてすごそうですね。
2019-12-07 22:40 : tor URL : 編集
No title
けいちゃん様
コメントありがとうございました。
ガラシャさんの手水鉢
ご覧になった時のものは間違っていました。
差し替えておきました。
すみませんでした。

苔園や池のまわりも静かで落ち着けますよ。
お茶をされるなら茶室でお茶をいただくのも良いでしょうね。
2019-12-07 22:45 : tor URL : 編集
お菓子
愚娘は店舗は出していません。
イベントで出品したり、お得意様に送ったりしています。
当町の菓子店では「金魚最中」が販売されていますが娘の作品ではありません。
2019-12-08 09:25 : > tor 様 URL : 編集
No title
細川家に限らず、全国的に昔の豪族が力で財産を残した物は全て国の管理にすべきだと私は思います。歴史的価値があると思うならば猶更です。極論かも知れませんが、権力者の遺物は経緯はともあれ全て弱者から強奪したものだと私は思っています。個人的意見で申し訳ありません。
2019-12-08 11:35 : エースの城 URL : 編集
No title
のび様
パティシエールさんじゃないのですか?
趣味で作られているのですか?
作品を拝見&味わってみたいです。
2019-12-08 19:47 : tor URL : 編集
No title
エースの城様
おっしゃるとおりかもしれませんね。
でも不思議と
熊本では加藤清正と細川家は人気があるようですよ。
2019-12-08 19:49 : tor URL : 編集
No title
こんにちは
こちらも細川様のお屋敷なんですね
自治体が借り受けているからでしょうか
入場料200円ですか!
細川家も 維持するのに大変ですよね…

でも 良いところですね
趣がありますし 歴史も感じられて!
2019-12-09 12:45 : おとめ URL : 編集
No title
おとめ様
すごいお屋敷ですね。
これだけの庭園を維持するのはとても大変だと思います。
熊本市に貸与して正解だと思います。
観光の穴場なので観光客も少なく
とても静かな中で紅葉と庭園が楽しめました。
歴史好きな方には良いかもしれないですよ。
2019-12-09 19:54 : tor URL : 編集
No title
 細川家の庭と墓所を見る事が出来るのですね。公園をリースして庭の入園料200円とはしっかりしています。
 不幸な最期を遂げた、細川家の正室のガラシアさんですが、とても興味深い記録が残っているようですね。手水鉢、綺麗な形をしていますね。
2019-12-09 22:46 : 藍上雄 URL : 編集
No title
藍上雄様
入園料は市の収入になるようです。
庭の管理費の一部に充てられるのでしょうね。
ガラシャさんの手水鉢とてもかわいくて
ガラシャさんのイメージにピッタリだと思いました。
2019-12-10 20:38 : tor URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

tor

tor
健康のためにジョギングやウォーキングを楽しみ、山に登ったり、
美味しい物を食べたり、
神社や寺院巡りをしています。

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ村

人気ブログランキング